会社設立の最短スケジュール

会社設立

会社設立を急いでいる方など最短スケジュールで起業したい方もおられますよね。
とにかく手続きを急いだときどれくらいのスケジュールで起業できるのでしょうか?
これについては手続きが1日、最終的に会社が完成するまでに1週間といったスケジュールで起業可能です。
これが最短スケジュールとなりますね。

これはどういう手続きになるのかというと、即日で会社設立の手続きをすべて終わらせるものとなります。
それなら翌日にはもう会社が作れそうに思えるかもしれませんが、この手続きは法務局での登記が必要です。
これが完了するまでに1週間ほどかかります。
そのため即日で会社設立手続きをすべて終わらせたとしても、その日のうちや手続き翌日にすぐ会社が完成するといったことはありません。

その待ち時間は1週間ほどになるため、最短スケジュールで手続きを進めても会社の完成までには1週間ほどはかかる計算になります。
そのため1週間で会社を作れたら最短で起業できたことになります。
とにかく起業を急ぐ方はこのスケジュールを目安として手続きを進めるといいでしょう。

ただ、これを本当にやるのは専門家の力が必要となりがちです。
登記にかかる待ち時間も含めて1週間で会社を完成させるには、できる限り即日で会社設立の手続きをすべて完了したいところです。
その終わらせたい手続きについて、株式会社の場合は定款の作成とその認証、資本金の振込、印鑑の用意、登記の申請となります。

これら手続きは専門家に依頼しても1週間ほどかかるのが標準です。
すべて自分でやると1週間では終わらないこともあります。
それくらいの手続きを即日ですべて終わらせるのは少なくとも簡単ではありません。
これを本当にその日のうちに終わらせたいなら専門家の力が必要となるのです。

実際に会社設立のサポートをやっている専門家の中にはスピード設立コースとして、このような即日での会社設立手続き代行を請け負っている場合もあります。
これを利用すればとにかく早く手続きを進めてもらえますから、即日ですべての手続きを終わらせてくれ、最終的に1週間ほどで会社を完成できますよ。

ただ、この最短スケジュールで会社設立したいときは利用者も注意したいことがあります。
まず即日ですべての手続きを終わらせたいなら依頼人の方も早めに依頼をしないといけません。
朝一番で相談すればその日のうちに手続きが終わる可能性もありますが、夕方になって依頼すると翌営業日の対応になる可能性が高いです。
とにかく最短スケジュールで会社設立したいなら早めに専門家まで相談してください。

代行業者に設立依頼をしてみよう

これから会社設立、特に株式会社を設立するにあたって準備しなくてはいけないものや書類、費用や手続きなど頭を悩ませることはいくつもあるでしょう。
そのような設立への課題に関して代行業者へ依頼するということも可能なことはご存知でしょうか。
株式会社設立に対して一人でやらなくてはならないことをすべておまかせできるので負担が減るだけではなく、経費を節約できるポイントなどもあります。
代行業者に設立依頼することについて確認してみましょう。
続きを読む 代行業者に設立依頼をしてみよう

株式会社設立の相談はどこ?

株式設立する際に、特にはじめての方であればどこから手を付けていいのかわからないことばかりですよね。
必要書類や手続きに関しては多くの方が悩んでしまうようです。
会社設立時に不安なことがある場合には、設立に関する専門家に相談するのが解決への近道となります。
続きを読む 株式会社設立の相談はどこ?

株式会社設立の準備費用

会社設立にあたって必要な金額を把握されている方は多いかもしれませんが、実際の設立だけではなく準備費用というものも発生することがほとんどです。
準備費用については会社として経費になるかどうかは皆さんも気になるポイントではないでしょうか。
会社設立時に発生する準備費用の内訳と詳細についてチェックしておきましょう。
続きを読む 株式会社設立の準備費用

株式会社設立時の資金調達

株式会社をこれから立ち上げたいと考えても、自己資金が不足している場合法人化するのは無理と思ってしまっている方は多いようです。
実際に出資する額は100%自己資金であれば良いのでしょうが、現実問題としてそうはいかない場合がほとんどです。
資金が不足している方もいれば、まったくゼロからのスタートアップを考えている方もいらっしゃいます。
資金が不足している場合に行いたい、株式会社設立時の資金調達について考えてみましょう。
続きを読む 株式会社設立時の資金調達

顧問弁護士は必要かどうか

株式会社を設立するにあたって気になるポイントのひとつとして挙げられるのが顧問弁護士の設置です。
個人事業主や小規模であれば顧問弁護士の存在は必要ないとも言われることもあるでしょう。
実際に会社設立するにあたって、顧問弁護士を依頼するかどうかのチェックポイントを確認してみましょう。
続きを読む 顧問弁護士は必要かどうか

ベンチャーの株式会社設立

ベンチャー企業のスタートアップの際には様々な選択肢があります。
その中でも個人事業主として行っていくこと、もしくは法人化し会社を設立すること、大きくわけて2つからの選択から選ぶことになるでしょう。
実際にベンチャー企業にとってはどのようにスタートアップするのが望ましいのでしょうか。
続きを読む ベンチャーの株式会社設立

会社設立時の頼れる専門家とは

会社設立時とは何かとスケジュールに追われ手続きを処理することがかなり難しいでしょう。
そのため専門家に相談したり、手続き代行を依頼される経営者の方も多いのです。
会社設立時に頼れる専門家に相談することはどのようなことなのかをチェックしてみましょう。
続きを読む 会社設立時の頼れる専門家とは

会社設立のスケジュールを考える

これから株式会社を設立しようと考えた場合にまずはスケジュールを確認してみることをおすすめします。
なぜかというと期間内に提出しなくてはならない書類や提出物などがあることや、実際にどの程度で設立できるのかを知っておくことでスムーズに行動することができるからです。
会社設立までのスケジュールを考えてみましょう。
続きを読む 会社設立のスケジュールを考える

株式会社設立の手続きについて

一般的に会社を設立する場合には株式会社を設立することになります。
実際には複数の種類があり、事業や規模に合わせた形で立ち上げることも可能となっています。
会社を設立する際になんといっても手続きが難しいというイメージがあります。
確かに用意しなくてはならない書類や手続き、出向かなくてはならない施設や準備金など揃えておかなくてはいけないものは多いです。
これから会社設立を考えている方はまず手続きをどのように行うかをチェックしておきましょう。
続きを読む 株式会社設立の手続きについて