代行業者に設立依頼をしてみよう

これから会社設立、特に株式会社を設立するにあたって準備しなくてはいけないものや書類、費用や手続きなど頭を悩ませることはいくつもあるでしょう。
そのような設立への課題に関して代行業者へ依頼するということも可能なことはご存知でしょうか。
株式会社設立に対して一人でやらなくてはならないことをすべておまかせできるので負担が減るだけではなく、経費を節約できるポイントなどもあります。
代行業者に設立依頼することについて確認してみましょう。

会社設立代行を依頼できる業者としては主に専門家が携わっています。
税理士や行政書士、司法書士などが事務所を立ち上げていたり、センターを創設しています。
個人もしくは業者に会社設立の代行を依頼することで、短い期間でより確かな会社を立ち上げることが可能です。

経営者が一から会社設立を行う場合、期間は約2ヶ月程度見積もっておく必要があります。
事業計画の作成から登記まで、慣れていないとやはり多くの時間を必要とします。
専門家である代行業者に依頼することで非常にスムーズにすすめることができます。
また事業計画や書類なども精査できるのでより確実なものになります。
会社は対外的な評価も重要なポイントであり、融資を受ける際にチェックされるため設立段階から専門家に見てもらうということは非常に大切です。

代行業者に依頼することで会社設立にかかる費用を節約することができます。
定款を作成する場合、経営者が作成する場合にはほとんどが紙の定款で提出することになります。
紙の定款の場合は収入印紙代が別途必要になるため、約4万円ほど必要です。
代行業者に依頼することで定款を電子定款として提出することが可能になります。
電子定款の場合は収入印紙が不要なため、経費を削減できるというメリットもあります。
代行業者によってはこの4万円以下で依頼を受け付けていることも多く、結果として会社設立時の負担や時間をレスすることができ、ご自身で手続きするよりも格安で行うことが可能なのです。