会社設立の最短スケジュール

会社設立

会社設立を急いでいる方など最短スケジュールで起業したい方もおられますよね。
とにかく手続きを急いだときどれくらいのスケジュールで起業できるのでしょうか?
これについては手続きが1日、最終的に会社が完成するまでに1週間といったスケジュールで起業可能です。
これが最短スケジュールとなりますね。

これはどういう手続きになるのかというと、即日で会社設立の手続きをすべて終わらせるものとなります。
それなら翌日にはもう会社が作れそうに思えるかもしれませんが、この手続きは法務局での登記が必要です。
これが完了するまでに1週間ほどかかります。
そのため即日で会社設立手続きをすべて終わらせたとしても、その日のうちや手続き翌日にすぐ会社が完成するといったことはありません。

その待ち時間は1週間ほどになるため、最短スケジュールで手続きを進めても会社の完成までには1週間ほどはかかる計算になります。
そのため1週間で会社を作れたら最短で起業できたことになります。
とにかく起業を急ぐ方はこのスケジュールを目安として手続きを進めるといいでしょう。

ただ、これを本当にやるのは専門家の力が必要となりがちです。
登記にかかる待ち時間も含めて1週間で会社を完成させるには、できる限り即日で会社設立の手続きをすべて完了したいところです。
その終わらせたい手続きについて、株式会社の場合は定款の作成とその認証、資本金の振込、印鑑の用意、登記の申請となります。

これら手続きは専門家に依頼しても1週間ほどかかるのが標準です。
すべて自分でやると1週間では終わらないこともあります。
それくらいの手続きを即日ですべて終わらせるのは少なくとも簡単ではありません。
これを本当にその日のうちに終わらせたいなら専門家の力が必要となるのです。

実際に会社設立のサポートをやっている専門家の中にはスピード設立コースとして、このような即日での会社設立手続き代行を請け負っている場合もあります。
これを利用すればとにかく早く手続きを進めてもらえますから、即日ですべての手続きを終わらせてくれ、最終的に1週間ほどで会社を完成できますよ。

ただ、この最短スケジュールで会社設立したいときは利用者も注意したいことがあります。
まず即日ですべての手続きを終わらせたいなら依頼人の方も早めに依頼をしないといけません。
朝一番で相談すればその日のうちに手続きが終わる可能性もありますが、夕方になって依頼すると翌営業日の対応になる可能性が高いです。
とにかく最短スケジュールで会社設立したいなら早めに専門家まで相談してください。