株式会社設立の手続きについて

一般的に会社を設立する場合には株式会社を設立することになります。
実際には複数の種類があり、事業や規模に合わせた形で立ち上げることも可能となっています。
会社を設立する際になんといっても手続きが難しいというイメージがあります。
確かに用意しなくてはならない書類や手続き、出向かなくてはならない施設や準備金など揃えておかなくてはいけないものは多いです。
これから会社設立を考えている方はまず手続きをどのように行うかをチェックしておきましょう。

株式会社の手続きはセクションが多いため難しく考えられがちです。
まずは概要をおさえておきましょう。
大きく分けて2つの手続きが必要となります。
公証役場で、会社の基本事項が書かれている定款を提出すること、そして法務局で法人の登記申請を行うことで会社を作ることができるのです。

次に提出しなければならない書類についてみてみましょう。
上記の手続き上必ず提出しなければならないのが定款と登記申請書です。
定款とは会社の名称から住所、基本事項や原則などが明記されたものです。
会社にとっては憲法となるもので、公証役場によって法的に問題がないかどうか認証を受けることで効力を持つようになります。
登記申請書とは法務局に会社、つまり法人を認めてもらうための手続きです。
法の下に人格を受けることになりますので、法人の印鑑証明書や登記簿謄本などを発行してもらう必要があるのです。
登記の際には定款も必要となるため、先に定款認証手続きを済ませておく必要があります。

実際にかかる費用としては定款認証のために必要な手数料として50,000円、紙の定款の場合、印紙代として40,000円必要となります。
電子定款の場合は0円となっています。
登記のためにかかる費用は登録免許税として150,000円が必要です。
合計すると24万円程度必要となりますのであらかじめ準備しておきましょう。
また市町村によっては創業セミナーを受けることによって登録免許税の軽減を受けることができる場合がありますので、しっかりと調べておきましょう。