会社設立時の頼れる専門家とは

会社設立時とは何かとスケジュールに追われ手続きを処理することがかなり難しいでしょう。
そのため専門家に相談したり、手続き代行を依頼される経営者の方も多いのです。
会社設立時に頼れる専門家に相談することはどのようなことなのかをチェックしてみましょう。

会社設立時に相談できる専門家は税理士や司法書士、行政書士などになります。
個人で相談を受け付けている方もいれば、事務所として窓口を設けていることもあります。
また各地で相談会などを開催していることもあり、無料で相談を受け付けていることも多いです。
商工会議所主催による起業向けのセミナーなども開催されており、起業や創業について学ぶことができ、相談や人脈作りも行うことができます。
いずれも専門家に相談しながら会社設立を学ぶことが可能です。

会社設立時に相談することができる専門家は誰を選んでも良いとは限りません。
実績や評判を見て選ぶことはもちろんですが、どういった部分をサポートしてもらいたいかも含めて選ぶことが肝心です。

資本金が不足していることが気になる方は税理士に相談するのが良いでしょう。
例えば資本金だけでスタートアップを行うのが難しいと感じる場合には融資を受ける必要があります。
融資を受けるにあたって適切な金融機関や融資を選ぶことに強い税理士を頼ることがおすすめです。

事業計画の作成や書類の準備が難しいと感じる方は司法書士に相談するのが良いでしょう。
司法書士には登記について相談することができ、書類の作成についてもおまかせすることができます。
役員などどのように設置したら税金的にメリットが多いかなどもチェックしてもらえます。
また電子定款を作成してもらうことがほとんどのためコストの面でも、経営者自身で行うのと大差が無いという面もあります。

事業によっては許認可への影響を考える必要があるため、店舗関係のスタートアップでは行政書士に相談するのがおすすめです。
事業に合わせた専門家を選び、頼ってみましょう。